テツプロ|鉄の街・室蘭、輪西町

【室蘭の概況】

位置  

室蘭市は北海道南西部に位置する、北海道随一の重工業都市です。  天然の良港・室蘭港には、鉄鋼・石油プラント・造船などの工場が立ち並んでいながら、断崖絶壁が続く太平洋側にはハヤブサが営巣し全国的にも珍しい鳴り砂の浜が見られるなど豊かな自然をあわせ持ちます。
 人口は約9万4千人。
 テツプロの拠点がある輪西町は、中央町(室蘭駅付近)と中島町(東室蘭駅付近)の中間に位置し、新日本製鐵の門前町として栄えました。

 

【歴史】

 


明治25年、夕張鉄道が開通すると同時に、北海道炭鉱鉄道は石炭積み出しのために岩見沢から室蘭間に鉄道を設置しました。その頃の室蘭停車場は輪西にあったといいます。その後、北海道炭鉱鉄道会社は、明治42年に輪西製鐵所を建設し、輪西はその製鐵所の企業城下町としてたいへんな賑わいを見せました。

   

しかし昭和40年代をピークに生産量が徐々に減り、昭和50年頃を境に、鉄鋼関連企業の合理化とともに、人口の流出、空き店舗の増加という問題を抱えるようになりました。

 

新日本製鐵の門前町として栄えた室蘭市輪西地区は、昭和40年代は2万人が住む商業中心地の一つでしたが、平成22年には地区人口が4000人を切り、シャッターの閉じた建物が並びます。

 

このような状況となった輪西商店街の若手を中心に、鉄を活用したまちの活性化を目指して活動しているのが、特定非営利活動法人テツプロです。

お問い合わせ

ボルタ工房

Tel・FAX 0143-47-8233

営業時間
10:00〜17:00
定休日
5月〜10月:月曜のみ
11月〜4月:日・月曜